MENU

乱れた生活を見直し育毛剤で実感を得ています

社会人になった頃から、毎日が酷く荒れた暮らしをしていました。

 

そういった生活習慣の乱れと共に襲ってきたのが頭皮トラブルで、症状としては髪が細くなってしまい、挙句の果てには抜毛が酷くなっています。

 

頭皮に変な冷や汗のような感覚を覚えたのを切っ掛けに抜け始めた髪の毛でしたが、やはり生活習慣の見直しをしなくては何も解決しないのではないかとさえ思えていきました。

 

髪の毛が弱ってしまう原因は確かに食生活にあるとは思いますが、それ以外にもストレスなども関係していることなんだとは思います。

 

それと長時間帽子を被る人は帽子による頭皮の蒸れで雑菌が繁殖し抜け毛が起こってしまう可能性もあります。
参考:帽子と髪の毛の関係性|蒸れてハゲるのは本当か

 

毎日食べているコンビに弁当、偏った肉ばかりの食事などを改善させるために野菜を多く摂取するよう心がけ、またそれで皮脂を抑えることができればとは思いましたが、念には念を入れて育毛剤を使うようにしています。

 

それと同時にお風呂で洗髪してても使えるようにと育毛シャンプーも使っていますが、普通のシャンプーでは落としきれない皮脂をちゃんと取り除いてくれているのが分かるくらいスッキリした洗い上がりになっています。

 

皮脂を取り除き、そして育毛剤を使っていくうちに弱ってた髪も弾力が出てきて、抜毛も随分と治まっていることから育毛剤を実感することができています。

育毛剤選びの注意点

 

育毛剤には血行を促進する、栄養を与える、毛母細胞を刺激するなどの働きがあり、育毛効果が期待できます。

 

しかし、選び方に注意が必要です。

 

適切な育毛剤を選べば育毛効果が発揮されやすくなります。

 

髪の成長促すには頭皮環境をよく保つ必要があります。

 

育毛剤の中にはアルコール、パラベン、香料、着色料など頭皮にダメージを与える成分を使用しているものがあります。

 

こういった育毛剤は頭皮環境を悪化させるので育毛効果が期待できません。

 

育毛によい成分を配合していても頭皮にダメージを与える成分を使用していると髪によくないので、無添加の育毛剤を選びましょう。

 

男性用の育毛剤は清涼感を出すためにアルコールを使用していることが多いので成分表をよく確認してください。

 

無添加の育毛剤も増えてきています。

 

女性が育毛剤を選ぶときに気をつけたい成分がミノキシジルです。

 

ミノキシジルには血管を拡げる働きがあり、血流がよくなって毛母細胞に栄養が届くようになり、髪の成長が促されます。

 

女性が高濃度のミノキシジルを使用すると、体毛が濃くなるなどの副作用があります。

 

男性用の育毛剤にはミノキシジルを配合しているものが多いので、女性は女性用の育毛剤を使用するのがおすすめです。

育毛剤を使って不安になる事

 

ネットにおいては育毛剤を使用した人達の、体験談などを掲載しているサイトがいくつかあります。

 

その様なサイトで見る写真においては劇的に髪の毛が改善している事があります。

 

同じ育毛剤を使えば自分の頭皮でも同様の減少が認められるのではないかと思って、新しい育毛剤を使い始める事があるのです。

 

しかし、ネットで育毛対策が成功した人達が使っている育毛剤は効果であるタイプで有る事が多く、補助的に価格の高いサプリメントを使っていたりします。

 

なので、育毛対策にはそれなりのコストが必要である事がわかります。

 

ですが、ある程度のお金をかけてでも努力をすることによって髪の毛が戻ってくる可能性がある事がわかったため、それだけでもプラスの要素があったと言えるのです。

 

後は、自分の頭皮に合う育毛剤を選ぶことと、栄養面でマイナスにならないように食事習慣やサプリメントで十分に栄養を補給することです。

 

このあたりのノウハウが分かってくると、育毛対策で足りなかった部分が見えてくるのです。

 

育毛剤を使って明らかに良い結果が出ていれば良いですが、なかなかイメージしたような結果にならない場合が多いため、自分の使っている育毛剤に不安を感じることが多くあります。

 

その不安を取り除くために多くの情報を集めるのです。

更新履歴